CCSサポート株式会社 0570-064-540 お問い合わせ時間 平日10:00〜16:00

HOME会社概要製品一覧購入申込サポートお問い合わせサイトマップリンク

      ソフトウェア概要

      本システムは、収支の実態に合わせてパターン別に用意された入力シートに「予定日」と「金額」を入力することで、12ヶ月間の日別の資金繰り一覧表を作成できます。

      資金不足などの原因把握や、資金調達計画の日程調整まで、資金繰り状況を総合的に管理します。 

      R1.3

      • [抽出]シートにおいて収入および支出の各シートに入力された一部のデータ(開始月から換算して12か月目に限り)が抽出されなかった点を修正
      • 画面のテキストサイズを125%に拡大した環境に対応
      • 古いデータ削除時の処理を最適化しました

      R1.2

      • 集計・印刷時の処理を最適化しました。
      • Windows10及びExcel2016に対応(Excel2003非対応)
      • 移動範囲の広いシートに移動ボタンを配置しました。

      R1.10A
      • 定額・変額シート…登録可能数をそれぞれ40項目(120回払)に増加
      • 個別収入・個別支出・収入シート…最大登録可能件数を2400件に増加
      • 簡易支出シート(ある日の支出合計をまとめて入力)を追加
      • 個別収入・簡易収入シートを追加
      • 従来の現金売上に加えて売掛金・受取手形に対応
      • データの年更新機能(古い支出・収入予定を削除)を追加

      特長

      1. 日別の資金繰表を作成することで「いつ、いくらいるのか」が一目でわかります。また、資金不足が想定される該当日には「注意・不足・確認」と資金手当てを喚起します。

      2. 収支の登録は、資金繰り計画における作業を効率化するため、簡単な入力で様々な支払いの形態に対応できる入力シートを4パターンずつ用意しており、予想すべき売上等のデータは何度でも変更・修正が行えます。

      3. 売掛金の管理を一元管理し、回収金の資金化日程まで算出します。

      4. 現金売上の予想において、日別・月別・曜日別の売上額の加減や季節別変動の設定ができます。

      5. 抽出シートでは、各入力シートで作成したデータの中から該当月の「支出」・「収入」のデータを抜き出して一覧表示することができます。

      6. 金融機関借入時の借入金返済用のシートとして、[元金均等返済明細作成表]・[元利均等返済明細表]シートを収録し、それぞれの返済計画のデータを定額・変額明細シートへ転送させることができます。

      処理の流れ


      集計で使用する基本事項の設定

      資金繰り表の開始年月を設定します。

      開始時の資金の設定

      資金繰り表開始時の資金を入力します。

      土曜・日曜の支払を月曜日に繰り延べ

      土曜・日曜の支払を月曜日に繰り延べするかどうかの設定を行います。


      出金データの登録

      「支払予定日・支払金額・支払回数」を入力することで、支払明細を自動的に作成できます。また、入力したデータはいつでも修正することができます。

      1.定額支払シート支払日・支払額が決まっている場合
      (リース料・分割手形・元利均等返済など)

      [入力件数]
      40項目(支払回数 各120回まで)
      2.変額支払シート 支払日は決定しているが支払額が変動する場合
      (借入金返済・外注費・毎月の経常支払など)

      [入力件数]
      40項目(支払回数各120回まで)
      3.個別支払シート 支払日も支払額も不規則な場合
      (納税・季節支払・単発手形など)

      [入力件数]
      @横20項目×縦4項目
      (返済回数各20回まで)

      A横20項目×縦1項目
      (返済回数各40回まで)
      4.簡易支出シート 1年間のカレンダーに支払合計を入力

      [入力件数]
      日別カレンダー方式
      (横12ヶ月、縦31日の1年分)
      [特別添付シート]元金均等返済シート 金融機関借入れの一般的な「証書貸付」で「元金均等」「利息先取り」「返済額最終月調整」方式の返済明細表を作成できます。

      本シートで作成した内容は「2.変額支払シート」へ反映(転送)させることができます。
      [特別添付シート]元利均等返済シート 金融機関借入れの一般的な「住宅ローン」で「元利均等」「利息後取り」「返済額最終月調整」方式の返済明細表を作成できます。

      本シートで作成した内容は「1.定額支払シート」へ反映(転送)させることができます。

      入金データの登録

      一覧表形式で入力を行うシートになります
      また、入力したデータはいつでも修正することができます。

      1.個別収入シート 入金日や入金金額が変動する収入項目(現金売上げ以外の収入)
      (売掛代金回収、販売手数料収入など)

      [入力件数]
      @横20項目×縦4項目
      (返済回数各20回まで)

      A横20項目×縦1項目
      (返済回数各40回まで)
      2.簡易収入シート1年間のカレンダーに収入合計を入力(現金売上げ以外の収入)

      [入力件数]
      日別カレンダー方式
      (横12ヶ月、縦31日の1年分)
      3.売掛金データ管理 売掛金のデータを発生(計上)から、現金・振込・小切手・手形による回収を、実際に使える日程で一元管理します。

      金融機関の決済資金として使えるまでの日数の設定に対応しています。

      [入力件数]
      横12項目・縦120件
      4.受取手形期日管理 受取手形の期日取立による資金化日程を管理します。

      [入力件数]
      横に5項目・縦に120件

      現金売上データ登録

      小売業などの日々現金売上げがある場合に入力を行います。
      小売業など日々現金1.現金売上データ登録シート 売上がある場合に登録を行います。

      [入力件数]
      計12ヶ月分(1ヶ月毎)

      <便利な機能>
      曜日によって売上に変動があると予想される場合は、 [基準売上日額]を設定後、[売上基準対比率]で曜日毎の加減率(%)を設定できます。



      [入力サンプル画像]
      基準売上日額:
      20万円
      売上基準対比率:
      土曜日:200%
      日曜日:150%
      資金繰り下げ日数:
      土曜日:2日後
      日曜日:1日後

      総合集計処理開始

      1. 抽出シート・・・指定の年月で抽出を行い一覧表示できます
      2. 年間資金繰表・・・最終結果として全体を集計し、年間資金繰表で過不足や日々の変動を確認できます。
      3. 年間主要係数グラフ

      帳票サンプル

      帳票は、すべて「A4サイズ」で出力します。
      帳票サンプルのダウンロード(PDF形式 : 191KB)
      帳票サンプルのダウンロード・表示にはアドビリーダーが必要です。
      お持ちでない方は、下のボタンをクリックしてあらかじめダウンロードを行ってください。 アクロバットリーダーのダウンロード

      動作環境

      ・WindowsVista以降の環境でExcel2007(SP3)以降が動作するパーソナルコンピュータ及びプリンターが必要です。

      ■動作確認済みWindows環境
      ・Microsoft Windows Vista
      ・Microsoft Windows7
      ・Microsoft Windows8 / 8.1
      ・Microsoft Windows10

      ■動作確認済みExcel環境
      ・Microsoft Excel2007(SP3) / Microsoft Office2007
      ・Microsoft Excel2010 / Microsoft Office2010
      ・Microsoft Excel2013 / Microsoft Office2013
      ・Microsoft Excel2016 / Microsoft Office2016

      ※Microsoft社以外のOffice製品やExcel互換ソフトでは動作いたしません。
      ※VBA機能を含まないMicrosoft Excel(Excel2013RT/Excel Online)及び、Mac版のMicrosoft Excelではご利用いただけません。

      販売価格

      定価:30,240円(税込)
      旧版からR1.3へ更新 価格:15,120円(税込)